So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
シルバーアクセサリー ブログトップ
前の10件 | -

アンティークのロザリオ② [シルバーアクセサリー]

「アンティークのロザリオ②」

最近、海外のアンティークの十字架やロザリオを集めています。
https://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2018-06-05

ホワイトビーズが大変綺麗なフランス製のロザリオを手に入れました。

IMG_0372.JPG
IMG_0374.JPG
IMG_0373.JPG

十字架のサイズは縦4.7cm、横2.7cmです。
一部半透明のホワイトビーズのグラデーションが大変美しいです。
本来のロザリオは首に掛けるものではありませんが、このロザリオは輪の部分が広いため、余裕で首に掛けることができます。
フランス製のアンティークのロザリオということで購入し、フランスから届きましたが、近年になって作られたものかもしれません。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アンティークの十字架3種 [シルバーアクセサリー]

アンティークの十字架3種

最近、海外のアンティークの十字架やロザリオを集めています。
https://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2018-06-03

IMG_0367.JPG
十字架が3点ほど増えましたので、紹介します。

IMG_0312.JPG
IMG_0314.JPG
IMG_E0316.JPG
フランス製のアンティークの十字架です。
木製のベースに金属のキリスト像が取り付けられています。
中央の丸いメダイが良いアクセントになっています。
手持ちのボールチェーンを適当に付けています。

IMG_E0317.JPG
実は、届いた時にキリスト像が取れていました。(笑)
そのうち、接着剤で付け直します。

IMG_E0310.JPG
IMG_E0310.JPG
IMG_0315.JPG
これもフランス製のアンティークの十字架です。
木製のベースに金属のキリスト像が取り付けられています。
手持ちの革紐を適当に取り付けています。

IMG_0368.JPG
IMG_0370.JPG
IMG_0369.JPG
十字架、チェーンともにユニークな形状です。
裏には「エルサレム」の刻印があります。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アンティークのロザリオ [シルバーアクセサリー]

「アンティークのロザリオ」

コレクターの方からアンティークのロザリオを譲っていただきました。
ロザリオ(シャプレ)の特徴とセンターメダイの特徴から、19世紀に作られた正真正銘のアンティークのロザリオということです。

IMG_0237.JPG
IMG_0236.JPG
IMG_0235.JPG

「ロレトの聖母のシャプレ」と呼ばれているものらしく、四連のシャプレ(数珠、ロザリオ)で、「シャプレ・ド・ラ・ヴィエルジュ」(聖母のシャプレ 五連のロザリオ)のクラウン(環状部分)から、一連を取り除いた形をしているそうです。
サイズは全長が約37.5cm(うちクロスの長さが3.1cm)、輪の全周は約45cmです。
本物のロザリオはネックレスではないので、首に付けるための留め金等はありません。
祈りの際には輪の部分を手首に掛け、数珠を手繰りながら決められた祈りの回数を確認していきます。
祈祷の方法は、コレクターの方の説明を転記します。

「ロレトの聖母のシャプレ」を使用する際、最初の三回の天使祝詞は通常通りの唱え方ですが、第一連では「アヴェ・マリア、御父の愛娘、…」、第二連では「アヴェ・マリア、御子の御母、…」、第三連では「アヴェ・マリア、聖霊の浄配、…」、第四連では「アヴェ・マリア、聖なる三位一体の宮、…」という風に、マリアの称号を挿入して天使祝詞を唱えます。最後にクレド(使徒信条)を唱えます。

知識不足のため、よく分かりませんが、自分の好きな方法で祈ればよいのではないかと思います。
私の場合、お守りとして持ち歩くことにする予定です。
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アンティーク?の十字架 [シルバーアクセサリー]

「アンティーク?の十字架」

前回のブログで紹介したような100年以上前の正真正銘のアンティークの十字架ではありませんが、一応、18世紀初頭に作られたものらしいという説明で購入したフランス製の十字架です。

IMG_0240.JPG
IMG_0241.JPG

十字架の白い部分はマザーオブパール、上下左右の飾りとイエス像はシルバーです。
サイズは縦5.4cm(丸カンは除く)、横3.6cmです。
私の知る限りでは大小2種類のサイズがあり、これはサイズが小さいほうの十字架です。
サイズが小さいので仕方がありませんが、イエス像が大雑把な作りなのが少々残念です。
丸カンとチェーンは適当なものを後付けしました。

このフランス製の十字架、インターネットのオークションやフリーマーケットで時折見掛けます。
国内のアンティークショップでも現時点で大きいほうのサイズが結構な値段で売られています。
100年程前に作られたものだとか、フランスでは現在は作られていないものだとか、色々な情報や説明等があって詳しいことは分かりません。
もしかしたら、フランスでは普通に売られているものかもしれません。(笑)
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アンティークの十字架 [シルバーアクセサリー]

「アンティークの十字架」

IMG_0234.JPG

数ヶ月前にシルバーアクセサリーの収集が一段落した後、お守りとしてアンティークの十字架が欲しくなりました。
インターネットオークションやフリーマーケットでアンティークの十字架3点を購入しました。
なお、カテゴリーは「シルバーアクセサリー」になっていますが、素材は真鍮や銅、木などです。

IMG_0228.JPG
IMG_0229.JPG

上の画像はアンティークのイタリア製の十字架です。
おそらく、20世紀初頭のものではないでしょうか。
合金の枠の中に木が埋め込まれ、磔にされたイエスの像が取り付けられている古い様式の十字架です。
サイズは、縦8.9cm(丸カンは除く)、横4.6cm、厚さ1cm、重量は20gです。
イエスの足の下には髑髏のマークが取り付けられています。
このタイプのアンティークの十字架には元々骸骨が取り付けられているものが多いのですが、近年(特に第二次大戦後)になって持ち主によって取り外されたものが多く、このように髑髏が残っているものはかなり珍しいようです。
革紐を取り付けるための丸カンは私が取り付けました。

IMG_0230.JPG
IMG_0231.JPG

上の画像はアンティークのフランス製の十字架です。
コレクターの方から譲っていただいたもので、19世紀中頃、フランスの修道院で使われていたものということです。
最初のものと同様、合金の枠の中に木が埋め込まれ、磔にされたイエスの像が取り付けられている古い様式の十字架です。
サイズは、縦11.2cm(丸カンは除く)、横5cm、厚さ1.4cmです。
このタイプの十字架では比較的大きいサイズです。
こちらの十字架は残念ながらイエスの足の下の髑髏のマークは取り外されています。
丸カンは最初から付いており、革紐だけは私が取り付けました。

IMG_0232.JPG
IMG_0233.JPG

上の画像はアンティークのフランス製の十字架です。
コレクターの方から譲っていただいたもので、19世紀末頃に製作されたもののようです。
上の二つと同じような作りですが、こちらの金属製の枠は銅と銀の合金ということで、かなり銅の色合いが強いです。
サイズは、縦10.4cm(丸カンは除く)、横4.8cm、厚さ1.3cmです。
フランス製ということで、一つ前のフランス製の十字架と作りやサイズが良く似ています。
こちらの十字架はイエスの足下の髑髏のマークが残されています。
丸カンと革紐は私が取り付けました。

もし、このタイプの十字架の購入を検討されている方にアドバイスをさせていただくと
・検索ワードは「十字架」、「木製」、「アンティーク」等
・枠内の木が大きく欠けているものは避ける。
(古いものなので軽い傷、小さな欠けや穴といった程度は仕方がないです。)
・イエス像が摩耗して、顔の表情や体のラインが判別不能のものは避ける。
(信仰の道具として毎日使用されていたものが多く、イエス像が摩耗しているものが結構あります。)

金属部分の汚れはそれほど気にしなくてよいと思います。
元々、アンティークですし・・・(笑)
ただ、最後に紹介した十字架だけはかなり汚れがひどかったので、アンティーク感が薄れない程度に金属の枠とイエス像、髑髏等はシルバー製品用の磨き布で汚れを拭き取りました。

ご参考までに。

IMG_0227.JPG
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

NAGUAL 「ペンダント P-8160」 [シルバーアクセサリー]

NAGUAL 「ペンダント P-8160」

IMG_0101.JPG

アメリカのシルバーアクセサリーのブランド「NAGUAL」(ナグァール)のペンダントで欲しいものが2点あり、その2点をようやく購入する機会に恵まれました。
前回のブログではそのうちの1点を紹介しました。
今回のブログでは残る1点を紹介します。

(前回のブログ)
NAGUAL 「ペンダント P-8003」
IMG_0112.JPG
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2018-05-31

「NAGUAL」のシルバーアクセサリーはこのブログでも度々紹介していますが、デザイナーのジョセフ・ボルトーリによって1995年に誕生したブランドで、マヤ文明、アステカ文明などの古代文明の絵文字や造形物からインスピレーションを得て作られています。
現在でも「NAGUAL」というブランドは存在していますが、一般向けのシルバーアクセサリーの製造からは手を引いているため、過去の人気の高いモデルは高値で取り引きされたりしています。

IMG_0103.JPG
IMG_0104.JPG
IMG_0106.JPG
IMG_0105.JPG
IMG_0102.JPG

このペンダントはデッドストックの未使用品で、ギャランティカード等、一式揃っています。
ペンダントトップには「NAGUAL」のイニシャルである「N」の小文字の「n」をモチーフにした意匠が刻まれています。
文字の上下が反対になっていますが、複数の同一のペンダントを確認した限り、この仕様で間違いがないようです。
トップのサイズは、長さ約6cm、幅約3.5cm、厚さ約0.2cm、重量約70gで、比較的大きなものです。
ペンダントには最初から黒色の鹿革紐が取り付けられています。
鹿革紐の長さは約54cmで、長さの調整はできません。
両端は首の後ろでフックで留めるタイプです。
大型のフックのため、着脱は容易にできます。

前回のブログで紹介した「NAGUAL」のペンダントと同じく、以前から欲しかった二つのペンダントのうちの一つです。
私の知る限りで、「NAGUAL」の中で欲しいと思うアイテムは現在のところありません。
よほど、お買い得の中古品や目を奪うような新作やレアなアイテムに出会えば別ですが、「NAGUAL」のシルバーアクセサリーの収集はこのペンダントを最後に休止したいと思います。
そして、シルバーアクセサリー自体の収集についてもこれで一区切り付けたいと思います。
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

NAGUAL 「ペンダント P-8003」 [シルバーアクセサリー]

NAGUAL 「ペンダント P-8003」

IMG_0112.JPG

アメリカのシルバーアクセサリーのブランド「NAGUAL」(ナグァール)のペンダントで欲しいものが2点あり、その2点をようやく購入する機会に恵まれました。
今回はそのうちの1点を紹介します。

「NAGUAL」のシルバーアクセサリーはこのブログでも度々紹介していますが、デザイナーのジョセフ・ボルトーリによって1995年に誕生したブランドで、マヤ文明、アステカ文明などの古代文明の絵文字や造形物からインスピレーションを得て作られています。
現在でも「NAGUAL」というブランドは存在していますが、一般向けのシルバーアクセサリーの製造からは手を引いているため、過去の人気の高いモデルは高値で取り引きされたりしています。

IMG_0114.JPG
IMG_0115.JPG
IMG_0112.JPG

このペンダントはデッドストックの未使用品で、ギャランティカード等、一式揃っています。
ペンダントトップのデザインはドリフトウッド(流木)がモチーフでしょうか?
見る角度で色々な表情が楽しめます。
トップのサイズは、長さ約6cm、幅約2cm、厚さ約2.5cm、重量約67gで、比較的大きなものです。
ペンダントには最初から黒色の鹿革紐が取り付けられています。
鹿革紐の長さは約62cmで、途中のリングの位置で長さの調整ができます。

「NAGUAL」のペンダントの中で以前から欲しかった二つのペンダントのうちの一つです。
次回のブログではもう一つのペンダントを紹介します。
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

S'FACTORY 「チャームバングル」 [シルバーアクセサリー]

S'FACTORY 「チャームバングル」

IMG_0216.JPG

東京都内のレザーアクセサリー等の専門店「S'FACTORY」(エスファクトリー)のバングルの紹介です。
財布等のレザーアイテムはよく購入しているのですが、同ブランドのアクセサリー関連はあまり持っていません。
今回紹介するバングルは何年も前から欲しかったもので、ようやく手に入れることができました。

IMG_0218.JPG
IMG_0217.JPG

バングルに用いられているデザインについては「S'FACTORY」のウェブサイトの説明文を下記に転記します。
「サイドモチーフには魔除け(守護)に用いられる五芒星、災いや困難を切り裂く剣。
その剣にはその昔、神聖な生き物として、死からの復活や再生の象徴とされていた蛇を巻きつけました。
聖なる“蛇”が宿った剣を持って困難に立ち向かい、五芒星を纏った盾で災いを跳ね返す願いをこめたバングルです。
S'FACTORYエンブレムの裏にも五芒星が入り、三つの五芒星で守護を固めています。」

剣、蛇、五芒星、私の好きなアイテムがてんこ盛りです。(笑)
このデザインは、私の好きなイタリアの「モンテグラッパ」の限定万年筆「カオス」に通じるものがあります。

hougado_12-mg-002-001-1.jpg
モンテグラッパ「カオス」

IMG_0219.JPG

サイズは「L」と「M」の2種類があり、手首周りが16cmまでは「M」、17cm以上は「L」になります。
私の手首周りは16.5cmで、画像のバングルは「L」です。
バングルの幅が細いように感じるかもしれませんが、デザインが秀逸なので地味で目立たないということはありません。
サイドは裏側に向けて滑らかなカーブを描くように処理してあり、高級感もあります。
非常に素晴らしいバングルだと思います。
個人的にはこれを超えるバングルは滅多にないと思います。

前回のブログでも書きましたが、年齢的(51歳)にもそろそろ、シルバーアクセサリーの購入は控えようかと考えています。
よほど、お買い得の中古品や目を奪うような新作やレアなアイテムに出会えば別ですが・・・
「S'FACTORY」のレザーアイテムはこれからも購入していくとは思いますが、同ブランドのシルバーアクセサリーは今回のバングルで休止したいと思います。




nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

A&G(エーアンドジー) 「マネークリップ AMC-04」 [シルバーアクセサリー]

A&G(エーアンドジー) 「FDL シルバーバングル」

IMG_0221.JPG

「A&G」(エーアンドジー)とは、アメリカのシルバーアクセサリーのブランドです。
1994年、シルバーアクセサリーのデザイナーであるアマール・ゲソースとギヨーム・パジョレックの二人がお互いのイニシャルを冠したブランド「A&G」を創設しました。
シルバーアクセサリーが全盛期だった頃は、クロムハーツ、ロンワンズと共にシルバーアクセサリーの三大ブランドの一つと言われていました。
現在でもシルバーアクセサリーの製造を続けてはいますが、近年は衣料等を含めたアパレル全般に力を入れているようです。
ペンダント、リング、ブレスレット、ウォレットチェーン等、「A&G」の初期のアイテムを中心に買い求め、かなりの数のコレクションとなりました。
今回は、クロス(十字架)をモチーフにしたマネークリップの紹介です。

IMG_0222.JPG
IMG_0223.JPG

マネークリップの部分のサイズは、縦48mm、横24mm、厚さ8mmです。
クロス部分のサイズは、縦39mm、横29mmです。
男性はこのくらいのサイズが一番使いやすいサイズだと思います。
重量は測っていませんが、手に取るとずっしりとした重みがあります。
クロスは「A&G」のペンダントやリング等でお馴染みのデザインです。

マネークリップは以前から欲しいアイテムでした。
これに挟むほど多くの紙幣は持ち合わせていませんが・・・(笑)

「A&G」のコレクションもかなりのアイテム数になりました。
「A&G」で欲しいと思うアイテムが思い浮かびません。
「A&G」に限らず、年齢的(51歳)にもそろそろ、シルバーアクセサリーの購入は控えようかと考えています。
よほど、お買い得の中古品や目を奪うような新作やレアなアイテムに出会えば別ですが・・・
とりあえず、「A&G」のシルバーアクセサリーの収集は今回のマネークリップで休止したいと思います。
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ZOCALO 「サーベルタイガー・キーチェーン/キーホルダー」 [シルバーアクセサリー]

ZOCALO 「サーベルタイガー・キーチェーン/キーホルダー」

IMG_E0161.JPG

中古ですが、国内のシルバーアクセサリーブランド「ZOCALO」 (ソカロ)のキーリングを購入しました。
定価は税込みで43,200円のところ、送料込みで9千円でした。
中古のシルバーアクセサリーをよく購入しますが、自分の中では基本的に中古のシルバーアクセサリーの相場は1/4以下と決めているので、その価格以下で程度の良いものだけを購入するようにしています。
「ZOCALO」のアイテムは色々持っていますが、サーベルタイガーをモチーフにしたアイテムの購入は初めてです。

IMG_E0162.JPG

ベルトループに取り付けるフックの部分です。
同ブランドのウォレットチェーンにも用いられている独特のデザイン「ファング・オブ・フレーム」です。

IMG_E0163.JPG
IMG_E0164.JPG

サーベルタイガーのヘッドスカルです。
キーリングを口に咥えています。
オリジナルのリングではない一般的なリングが取り付けられています。
オリジナルのリングはアイビー柄の模様が刻まれているので、少々残念ですが、値段が安かったこともあり、納得済みでの購入です。

サイズは全長10.5cm
程良い大きさのキーチェーンです。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - シルバーアクセサリー ブログトップ