So-net無料ブログ作成
検索選択
映画・音楽・読書 ブログトップ
前の10件 | -

滅びの美学 ~ 「ロランの歌」 [映画・音楽・読書]

滅びの美学 ~ 「ロランの歌」

IMG_3023.JPG

小学生の頃から、古代の英雄物語や中世の騎士物語を読んでいました。
「ギリシャ神話」、「ギルガメシュ叙事詩」、「ベーオウルフ」、「ニーベルンゲンの歌」・・・
それらは大人になった今でも愛読書として読み続けています。

それらの物語の中でも最も好きなものが、岩波文庫版の「ロランの歌」です。
かなり前に、このブログでも紹介したことがありました。
「読書のススメ ①」(http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2012-05-19-1

主人公は、西ローマ帝国のシャルルマーニュ大帝に仕える十二臣将のリーダーのロランで、ロラン等十二臣将とスペインのマルシル王との間の壮絶な戦いを詩にしたものです。
かなり脚色されていますが、実際に起こった戦争がもとになっています。

現在、岩波文庫版は在庫切れの状態ですが、岩波文庫版が大好きで、新品、古本併せて3冊も持っています。(笑)
あと、私の知る範囲では、文庫サイズでは、ちくま文庫版があります。
(※ちくま文庫版は「ローランの歌」で表記し、「狐物語」とのカップリング)
ちくま文庫版は図書館で借りて読んだことがありますが、岩波文庫版はロランの凄絶な最期と裏切者のガヌロンの処刑で幕を閉じますが、ちくま文庫版はそれらに加えてシャルルマーニュ大帝がマルシル王を倒すまでの物語が加えられています。
当然、ちくま文庫版のほうがボリュームがありますが、岩波文庫版は原作(詩)を忠実に訳しており、凄惨な闘いの表現力が優れており、ロランの活躍以降のストーリーにはさほど感情移入ができないことから、私は岩波文庫版のほうが好きです。

そうは言いながらも、ちくま文庫版もたまに読みたくなる時があります。
岩波文庫版は時折再版されますが、ちくま文庫版は長らく絶版となっています。
運良く、ちくま文庫版の古書を手に入れることができました。
あまり良い状態ではありませんが、資料としては十分です。

IMG_3022.JPG

さらに、以前から欲しかった、絶版になっている中央公論社の「ローランの歌と平家物語」(全2冊)も古書で手に入れることができました。
日本の古典「平家物語」も不運な最期を遂げるという点では「ローランの歌」と似通っている部分があります。
この二つの古典を読み解き、両者の比較検証を行うという学術的な書籍です。
これからゆっくりと時間を掛けて読んでいくことにします。

IMG_3019.JPG
IMG_3020.JPG

「滅びの美学」
どんなに時代が移り変わろうとも、滅びゆくものが放つ寂寥感は人の心を打ちます。
自分の信じる正義のために滅びゆくものに人は敬意を払うものです。
一連の「ロランの歌」に関する書物は私にとって真の愛読書です。


ロランの歌 (岩波文庫 赤 501-1)

ロランの歌 (岩波文庫 赤 501-1)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1965/01/16
  • メディア: 文庫


安部 恭弘 CD 「Time is」  [映画・音楽・読書]

安部 恭弘 CD 「Time is」 

20150910144657.jpg

昨日、10月4日(日)発売予定の安部恭弘の新作CDが届きました。
全11曲で、既発表の曲も数曲含まれています。
http://love-pop.music.coocan.jp/Yasuhiro_Abe/main.html

収 録 曲
1. 10年後
2. Shutdown
3. Sequence
4. Time is
5. 夕暮れ電車
6. Beautiful Life
7. もう道は続いてる
8. 微笑みを抱きしめて(Duet with Yudai Suzuki
9. 薄情な神様にMerry Christmas
10. 音楽の女神(Duet with Masamichi Sugi)
11. 君のせいで

まだ、半分ほどの曲しか聴いていませんが、ポップな感じの曲が多くて聴きやすい感じです。
週末にじっくりと聴く予定です。

002.JPG

「Heaven Roses」 ~ 安部 恭弘 [映画・音楽・読書]

「Heaven Roses」 ~ 安部 恭弘

31RPQGJ321L__SL500_AA300_.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=Hb92zRCWcGY

2003年にリリースされた安部恭弘のミニアルバム「Heaven Roses」に収録された同名のエンディング曲です。
当時、初めて聴いた時は、ただ単に暗い感じの曲という印象でしたが、最近、何故かこの曲のメロディと歌詞に心惹かれ、日に何度も聴いたりする時があります。
特に今日のような今にも雨が降りそうな曇天の日や小雨の日など、無性にこの曲を聴きたくなります。
不思議な魅力を持った曲です。

010 (2).JPG

2分41秒あたりで歌詞に関連した言葉が微かに聞こえます。
注意して聴いてみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=Hb92zRCWcGY

10月4日(日)
いよいよ待ちに待った安部さんの新作CDの発売日です。
当面は通信販売だけのようです。
勿論、予約済みです。
今から非常に楽しみです。
http://love-pop.music.coocan.jp/Yasuhiro_Abe/main.html" target="_blank">http://love-pop.music.coocan.jp/Yasuhiro_Abe/main.html


HEAVEN ROSES

HEAVEN ROSES



a-ha 「Cast In Steel」 [映画・音楽・読書]

a-ha 「Cast In Steel

81rq4MEefdL__SL1500_.jpg

2010年に解散したa-haがオリジナルメンバーで再結成しました。
5年前のファイナルコンサートは何だったのだろうか等、色々思うところはありますが、やはり、デビュー以来のファンとしては大歓迎です。
今度は長く続けてほしいものです。

今週、再結成後の初となるCD 「Cast In Steel」がリリースされました。
早速購入し、一通り聴いてみました。
DURAN DURANの新作「Paper Gods」と同様、a-haの新作も突出した作品はありませんが、全体的に聴きやすい感じに仕上がっています。
DURAN DURANはボーカル、メロディともに少々個性が強いので、a-haのボーカルのモートン・ハルケットのファルセットを多用した歌い方のほうがより聴きやすく感じます。
また、今回のa-haの新作は「Hunting Hi and Low」や「Manhattan Skyline」のような陰のある曲はエンディングの1曲のみで、他はアップテンポあるいはキャッチーな曲調なので、より聴きやすく感じます。
ドライブ等で気軽に聴ける雰囲気で良好な作品だと思います。





Cast in Steel

Cast in Steel

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2015/09/11
  • メディア: CD


DURAN DURAN 「UNSTAGED」、「Paper Gods」 [映画・音楽・読書]

DURAN DURAN 「UNSTAGED」、「Paper Gods」

今月、来月は大好きなアーティストのCDやDVDが数多くリリースされます。
高校時代から三十年以上聴いているDURAN DURANからは、映画監督デヴィッド・リンチが監督したライブ映像「UNSTAGED」、そして4年振りの新作CD「Paper Gods」が今月に入って相次いでリリースされました。

41SRQDMIYAL.jpg

「UNSTAGED」は最近のライブ映像にデヴィッド・リンチ監督が映像加工を施したものです。
Blu-rayとDVDでのリリースです。
「プラネット・アース」や「リオ」、「ノトーリアス」、「オーディナリー・ワールド」等の初期や中期の作品から最新作まで十分に彼らの音楽を堪能することができます。
ただ、映像加工がどうにもいただけません。
ライブ映像にその曲と関係のある映像(「プラネット・アース」の場合は地球の映像)が重ねられているため、メンバーの顔の表情等、細かい部分が確認できません。
照明やスクリーン映像等で一風変わった映像世界を表現しているのかなと思ったのですが、ライブ映像と他の映像が重ねられているため、どっち付かずといった感じで非常に残念です。
デヴィッド・リンチ監督には「ツイン・ピークス」の続編のほうを早く仕上げてほしいものです。

8189asvEMrL__SL1500_.jpg

CD「Paper Gods」は前作「All You Need Is Now」から4年振りの新作です。
突出した作品はありませんが、全体的に聴きやすい感じに仕上がっています。
初期3部作の作風を現代的にしたような感じでしょうか。
ドライブ等で気軽に聴ける雰囲気でまずまずの作品だと思います。


デュラン・デュラン:アンステージド [Blu-ray]

デュラン・デュラン:アンステージド [Blu-ray]




デュラン・デュラン:アンステージド [DVD]

デュラン・デュラン:アンステージド [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



Paper Gods

Paper Gods

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/09/11
  • メディア: CD



Paper Gods

Paper Gods

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros / Wea
  • 発売日: 2015/09/11
  • メディア: CD



Paper Gods (Deluxe Version)

Paper Gods (Deluxe Version)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: MUSICSTORE
  • メディア: CD


「a-ha」再結成 [映画・音楽・読書]

「a-ha」再結成

81rq4MEefdL__SL1500_.jpg

2010年に解散したノルウェー出身の世界的バンド「a-ha」
解散からわずか5年
オリジナルメンバーで再結成です。
5年前のファイナルコンサートは一体何だったのでしょう?

とは言え、1ファンとしては再結成は嬉しい限りです。
早速、来月発売予定の新作CD「Cast in Steel」を予約しました。
5年の充電期間を経て、どんなサウンドを聴かせてくれるのか、今から楽しみです。





Cast in Steel

Cast in Steel

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2015/09/11
  • メディア: CD


「Scarborough Fair / Canticle (スカボロー・フェア / 詠唱)」 ~ Simon & Garfunkel [映画・音楽・読書]

「Scarborough Fair / Canticle (スカボロー・フェア / 詠唱)」 ~ Simon & Garfunkel

250px-SimonandGarfunkel.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=-Jj4s9I-53g

Are you going to Scarborough Fair
Parsley, sage, rosemary and thyme
Remember me to one who lives there
She once was a true love of mine

Tell her to make me a cambric shirt
(On the side of a hill in the deep forest green
Parsley, sage, rosemary and thyme
(Tracing of sparrow on snow crested ground)
Without no seams nor needle work
(Blankets and bedclothes the child of the mountain)
Then she'll be a true love of mine
(Sleeps unaware of the clarion call)

Tell her to find me an acre of land
(On the side of a hill a sprinkling of leaves)
Parsley, sage, rosemary and thyme
(Washes the grave with silvery tears)
Between the salt water and the sea strands
(A soldier cleans and polishes a gun)
Then she'll be a true love of mine

Tell her to reap it with a sickle of leather
(War bellows blazing in scarlet battalions)
Parsley, sage, rosemary and thyme
(Generals order their soldiers to kill)
And gather it all in a bunch of heather
(And to fight for a cause they've long ago forgotten)
Then she'll be a true love of mine

Are you going to Scarborough Fair
Parsley, sage, rosemary and thyme
Remember me to one who lives there
She once was a true love of mine

https://www.youtube.com/watch?v=-Jj4s9I-53g

私が洋楽を聴くようになった切っ掛けとなった曲である。
今から約35年程前、中学1年生か2年生の頃だったと思うが、SONY製品のテレビコマーシャルでこの音楽が流れていた。
当時、こんなに美しい音楽があったのかと衝撃を受けたことを覚えている。
以降、サイモン&ガーファンクル等、数々の洋楽を聴くことになる。

この「スカボロー・フェア」はイギリスの伝承歌「エルフィン・ナイト」がベースになっており、いくつもの詩やメロディが存在する。
サイモン&ガーファンクルのバージョンは最も癖が少なく聴きやすい。
ベースとなる歌詞は添い遂げることのできない男女の恋や魔除け的な内容を含んでおり、難解な部分が多い。
それにポール・サイモンが作詞した反戦的な内容の歌詞が詠唱(カウンターコーラス)として織り込まれている。
いつの時代にも色褪せることのない名曲である。


Parsley Sage Rosemary and Thyme

Parsley Sage Rosemary and Thyme




The Graduate

The Graduate

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 2006/08/01
  • メディア: CD


「Welcome to the Pleasuredome (ウェルカム・トゥ・ザ・プレジャードーム)」 ~ Frankie Goes to Hollywood [映画・音楽・読書]

「Welcome to the Pleasuredome (ウェルカム・トゥ・ザ・プレジャードーム)」 ~ Frankie Goes to Hollywood

51L6NbOZl5L__SX425_.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=puFcUSfyTJM
https://www.youtube.com/watch?v=lrnvPCSP6Q8

1984年、デュラン・デュランの「ザ・リフレックス」が全英・全米1位にランクインしていた当時、突如として全英1位に躍り出たのが、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのデビュー曲「リラックス」である。
フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドはイギリスの5人組バンドで、デュラン・デュランの「ザ・リフレックス」によく似た紛らわしいタイトルだなと思いながら、彼らのデビュー曲「リラックス」を聴いてみると、そのノリの良い曲調にすっかり嵌ってしまい、それから毎日のように聴いていた記憶がある。
その「リラックス」のヒットから間もなくリリースされたのが、4thシングル「ウェルカム・トゥ・ザ・プレジャードーム」である。
勢いのある曲調のせいか、どことなく「リラックス」に似ている部分もあるが、「ウェルカム・トゥ・ザ・プレジャードーム」のほうがメロディに癖があり、個人的にはどちらかというと「ウェルカム・トゥ・ザ・プレジャードーム」のほうが好きである。
「リラックス」が多くの放送局で放送禁止になったように、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの曲の歌詞には過激な言葉が多いので、ここでは書きません。(笑)
そもそも、歌詞よりもノリを楽しむ音楽だと思います。
聴いた後は気分がスッキリします。
因みに、私はゲイではありませんよ。(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=puFcUSfyTJM
https://www.youtube.com/watch?v=lrnvPCSP6Q8




月下の恋 [映画・音楽・読書]

「月下の恋」

映画を観るのが大好きです。
近年は映画館で観ることは少なくなりましたが、DVDやCS放送等、自宅ではよく観ています。
色々なジャンルの映画を観ますが、ホラー映画は好きなジャンルの一つです。
これまで観たホラー映画の中でも好きな作品の一つに「月下の恋」があります。

411CXBCCETL__SL500_AA300_.jpg

以前、ブログでも「月下の恋」を紹介したことがありました。
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2014-05-02
フランシス・フォード・コッポラ製作総指揮、ケイト・ベッキンセール主演によるゴシックホラーの佳作です。
過去にDVDが発売され、その後は長らく絶版となっていましたが、昨日、Blu-rayが発売されました。
LDしか持っていなかった私は昨年末にBlu-rayを予約し、今日、手元に届きました。
週末は久々にこの良質なホラー映画を観賞する予定です。

IMG_0061.JPG


月下の恋 [Blu-ray]

月下の恋 [Blu-ray]






「HARVEST FOR THE WORLD (ハーヴェスト・フォー・ザ・ワールド)」 ~ THE POWER STATION [映画・音楽・読書]

「HARVEST FOR THE WORLD (ハーヴェスト・フォー・ザ・ワールド)」 ~ THE POWER STATION

DSC_4366.JPG

https://www.youtube.com/watch?v=3rYgz2EQXOw

「All babies together
Ev'ry one a seed
Half of us are satisfied
Half of us in need
Love's bountiful in us
Tarnished by our greed
Oh, when will there be a harvest for the world?」

(赤ん坊たちはみな
一人一人が新しい種だ
世界の半数は満ちたりて
世界の半数は飢えている
僕らの心に満ちあふれている愛は
僕らの貪欲さによって汚されている
ああ 世界の収穫期はいつ来るのか?)

1985年
「デュラン・デュラン」のジョン・テイラーが発起人となり、ジャンルを超えたミュージシャンによる特別プロジェクトが発足した。
プロデューサーに「シック」のバーナード・エドワーズ、ボーカルにロバート・パーマー、ベースに「デュラン・デュラン」のジョン・テイラー、ギターに同じく「デュラン・デュラン」のアンディ・テイラー、ドラムに「シック」のトニー・トンプソンという異色の豪華バンド「ザ・パワー・ステーション」の誕生である。
これまでに2枚のアルバムを発表しているが、1stアルバム「ザ・パワー・ステーション」は歴史に残る名作である。
代表作「サム・ライク・イット・ホット」、T-REX のカバー「ゲット・イット・オン」は定番すぎるので、今回は趣向を変えて「ハーヴェスト・フォー・ザ・ワールド」を紹介することにした。
この「ハーヴェスト・フォー・ザ・ワールド」は、元々は「アイズレー・ブラザーズ」というグループの曲で、これまでに数多くのアーティストがカバーしているが、「ザ・パワー・ステーション」のカバーはロック色が強く、素晴らしい曲に仕上がっている。
また、この曲だけはアンディ・テイラーもボーカルに加わっており、抑揚を抑えたロバート・パーマーと伸びのあるアンディ・テイラーのボーカルが上手く絡み合っている。
ロバート・パーマー、トニー・トンプソン、そして、バーナード・エドワーズは既に他界しているが、アルバム「ザ・パワー・ステーション」はこれからも決して色褪せることはないだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=3rYgz2EQXOw


Power Station

Power Station



前の10件 | - 映画・音楽・読書 ブログトップ
メッセージを送る