So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月| 2017年07月 |- ブログトップ
前の10件 | -

「A&G ブラックスピネル ネックレス」 [シルバーアクセサリー]

「A&G ブラックスピネル ネックレス

4年程前にシルバーアクセサリーブランド「A&G」からオニキスのブレスレットを購入しました。

(A&G メンズ オニキス ブレスレット (クロス))
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2013-08-16

同時期にブラックスピネルのネックレスも販売されていましたが、悩んだ挙句、ネックレスのほうは見送ってしまいました。
間も無く完売となり、その後、ずっと気になってはいましたが、先日、このブラックスピネルのネックレスを手に入れる機会に恵まれました。

IMG_0759.JPG
IMG_0760.JPG

多面体のブラックスピネルが連なる中にシルバーの小さなクロスがチャームとして取り付けられています。
長さは40cm前後です。
ブラックスピネルは黒いダイヤとも呼ばれており、光が当たると上品で落ち着いた輝きを放ちます。
華奢な感じがしますが、ブラックスピネルにより存在感は十分です。

IMG_0761.JPG

右下は4年程前に購入した、「A&G」のメンズ オニキス ブレスレットです。
オニキスとブラックスピネルはよく似ていますが、全く別の石です。
ブラックスピネルのほうが高価なため、ブラックスピネルとして販売されているオニキスもあるようですし、生産者や仕入業者に十分な知識がなく、誤って表示しているケースもあるようです。

この夏はネックレスとブレスレットをお揃いで身に着けて楽しむ予定です。
「A&G」の他のシルバーアクセサリーとの重ね付けも良さそうです。

「ZIPPO ARMOR CUSTOM-LINE」 一覧 (ブログ検索用・2017年7月現在)  [ライター]

ZIPPO ARMOR CUSTOM-LINE」 一覧 (ブログ検索用・2017年7月現在)

IMG_0747.JPG

IMG_0742.JPG
左:CUSTOM-LINE CRYSTAL 「62S-CRY」
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2013-01-27
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2013-05-18
右:CUSTOM-LINE SPECIAL ENGRAVE 「62SI-5」
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2013-05-13

IMG_0743.JPG
左:CUSTOM-LINE SPECIAL ENGRAVE 「62SI-6」
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2014-10-05
右:CUSTOM-LINE SPECIAL ENGRAVE 「62SGI-3」
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2013-01-28

IMG_0744.JPG
左:CUSTOM-LINE SPECIAL ENGRAVE 「62SI-D4」
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2014-12-19
右:CUSTOM-LINE SPECIAL ENGRAVE 「62SI-D5」
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2013-12-09

IMG_0745.JPG
左:CUSTOM-LINE SPECIAL ENGRAVE 「62SI-S7」 
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2016-11-24
右:CUSTOM-LINE SPECIAL ENGRAVE 「62SI-G7」
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2017-07-15

IMG_0749.JPG
(上段の左2個)

IMG_0746.JPG
左:CUSTOM-LINE SPECIAL ENGRAVE 「62SI-3D」
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2014-12-23
右:CUSTOM-LINE SPECIAL ENGRAVE 「62SGI-10」
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2014-09-05

ZIPPO ARMOR CUSTOM-LINE 62SI-G7 [ライター]

「ZIPPO ARMOR CUSTOM-LINE 62SI-G7」

62SI-G7.png

煙草は喫いませんが、何故か、ZIPPO のライターを集めています。(笑)
特に集めているライターは「ZIPPO ARMOR CUSTOM-LINE」と呼ばれるシリーズのものです。
「CUSTOM-LINE」シリーズ は ZIPPO の「ARMOR」というライターがベースになっています。
「ARMOR」は通常の ZIPPO のライターに比べると、ケースの厚みが約1.5倍となっており、ケースへの彫刻等、デザインの自由度が高くなっているためです。

約半年ほど前、「CUSTOM-LINE」シリーズの中でも滅多に出回ることのない「62SI-S7」を入手しました。
中央にはアラベスク調の繊細な彫刻が施され、両端には縦に16個ずつ、両面で計64個のスワロフスキーが埋め込まれています。
62SI-S7.png
https://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/article/edit/input?id=95728945

そして、今回、「62SI-S7」よりもさらにレアな「62SI-G7」をインターネットオークションリサイクル業者から入手することができました。
「62SI-S7」と「62SI-G7」は全く同じデザインですが、「62SI-G7」のほうはスワロフスキーが埋め込まれている部分がゴールドになっており、より豪華な感じがします
実使用されていたものですが、かなり丁寧に取り扱われていた様子で、表面にわずかな擦れはありますが、大きな傷や凹みはなく、スワロフスキーの欠損もありません。
美品と言っていいほど状態が良く、おまけに格安で手に入れることができました。

IMG_0720.JPG
ZIPPOの「ARMOR」をベースに、ZIPPO社がカスタムしたオリジナルモデルです。

IMG_0718.JPG
中央にはアラベスク調の繊細な彫刻が施されています。
また、左右に縦に16個ずつ、両面で計64個のスワロフスキーが埋め込まれています。
「62SI-G7」と「62SI-S7」の違いは、スワロフスキーが埋め込まれている部分が、「62SI-G7」はゴールドカラー、「62SI-S7」はシルバーカラーになっています。

IMG_0722.JPG
実使用品でありながら、大きな傷や凹みが全くなく、スワロフスキーが一つも欠けていないのは不幸中の幸いです。

IMG_0721.JPG
ケース側面には「CUSTOM LINE Ⅷ」の刻印があります。
型番は「62SI-G7」ですが、カラーバージョン違いの「62SI-S7」が存在するため、「CUSTOM-LINE」シリーズの第8弾目のモデルということになります。

IMG_0723.JPG
ボトムには、「I」、「04」の刻印があり、2004年9月に生産されたことが分かります。

IMG_0717.JPG
インナーユニットは石の状態から、かなり使い込まれていることが分かります。
「K」、「04」の刻印があり、2004年11月に生産されたことが分かります。

IMG_0731.JPG
「62SI-G7」(右)と「62SI-S7」(左)を並べてみました。

これで、「CUSTOM-LINE」は10種類、延べ12個が揃いました。
残るは、下の画像の「62SGI-9」、「62S-11」の2モデルのみです。
「62SI-11」は現在でも新品が購入できるので特に問題はありませんが、「62SGI-9」はすでに完売しており、中古市場でも滅多に見掛けることはありませんが、ここまで来たら全て揃えたいですね。

8_0_0_0_62sgi_9.jpg
「ZIPPO ARMOR CUSTOM-LINE SPECIAL ENGRAVE 62SGI-9」

8_0_0_0_62si_11.jpg
「ZIPPO ARMOR CUSTOM-LINE SPECIAL ENGRAVE 62S-11」

ガラスビーズのブレスレット [ファッション]

「ガラスビーズのブレスレット」

シルバーのブレスレットと重ね付けするため、ガラスビーズを使った細めのブレスレットを購入することにしました。
色々探した結果、ストーンマーケットのオンラインストア(https://onlineshop.stone-m.com/)から、「VICTORIA'S DREAM BRACELET」というオリジナルブランドの2千円未満のブレスレットを購入しました。

IMG_0713.JPG
IMG_0716.JPG
様々な色や形状のガラスビーズが使われており、全体を眺めてみても私の好きな色合いです。

IMG_0714.JPG
手首に4周させます。
適度なボリューム感で、シルバーブレスレットと重ね付けした場合の相性も良さそうです。

A&G 「ロングウォレット (シャークスキン クロスパッチ)」 [シルバーアクセサリー]

A&G 「ロングウォレット (シャークスキン クロスパッチ)」

IMG_0706.JPG

中古ですが、非常に状態の良い「A&G」のロングウォレットを購入しました。
「A&G」はアメリカシルバーやレザーアクセサリーブランドです。
「A&G」のロングウォレットはこれが二つ目になります。

下は1年以上前に購入した「A&G」のロングウォレットです。
定番のデザインですね。

IMG_1618.JPG
(AWA-07 S-R)
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2016-03-21

それでは今回購入したロングウォレットの紹介です。

IMG_0710.JPG
表面の素材はシャークレザーで、革紐で縁編みがされています。
左右2箇所に財布を留めるためのクロスボールのコンチョが取り付けられています。

IMG_0711.JPG
中央にはクロスの形状の牛革が貼り付けられ、その中心にはクロスのシルバーパーツが取り付けられています。

IMG_0708.JPG
内部は札入れ、カード入れがあります。
小銭入れはなく、その分スマートに持ち歩けます。

「S'FACTORY」のロングウォレットを数多く持っていますが、「A&G」のロングウォレットも良いデザインのものが多いので、少しずつ増やしていきたいですね。

接点を疑え! [カメラ・写真]

「接点を疑え!」

(前回のブログ 「良品の「α807si」と巡り合うが・・・」)
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2017-07-10

IMG_0674.JPG

どうにか、良品の「α807si」と巡り会えたものの、今度は先に手に入れていた縦位置コントロールグリップ「VC-700」に不具合が見つかりました。
「VC-700」はカメラ本体に電源は供給しているものの、「VC-700」側のシャッターボタンを押しても何の反応もありません。
たまにファインダー内にLEDが表示されますが、次の一瞬には表示が消えてしまいます。
シャッターボタンの不具合が疑われますが、押した感触は至って普通の感じで、特に問題があるようには思えません。

一体、どこに問題があるのか?
「VC-700」を眺めていたら、ある部分に目が留まりました。
もしかしたら、「VC-700」から突き出ている接点(ピン)が汚れているのかもしれない。
見た感じは汚れているようには見えないので、可能性はかなり低いが、とりあえず試してみよう。

IMG_0704.JPG
IMG_0705.JPG

あいにく、接点復活剤などは持ち合わせていないので、ピン1本1本をタオルやティッシュで丁寧に乾拭きしました。
再度、カメラ本体に取り付け、「VC-700」側のシャッターボタンに触れると、ファインダー内のLEDが普通に点灯しました。
半押しするとレンズのピント合わせが作動し、最後まで押し込むとシャッターが切れるようになりました。
やはり、接点の汚れが原因だったようです。
これで、買いなおす必要がなくなりました。

古い工業製品が故障した場合、電気や信号の流れを疑ってみるのがいいのかもしれません。
個人でできる部分は限られていますが、バッテリーホルダー内や接点等はブロアで埃を飛ばしたり、タオル等で乾拭きしたり等、定期的にクリーニングをしたほうが良さそうです。

良品の「α807si」と巡り合うが・・・ [カメラ・写真]

良品の「α807si」と巡り合うが・・・

最近、ミノルタのAF一眼レフを集めています。
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2017-07-02

「α-7000」
IMG_0617.JPG

「α7xi」
IMG_0647.JPG

「α-7」+「VC-7」
IMG_0664.JPG

問題は、第4世代の「α807si」です。
インターネットオークション等で立て続けに不良品2機を掴まされました。
(うち、1機は返品済み。)
3度目の正直でようやく良品の「α807si」と巡り合えました。
先に入手していた縦位置コントロールグリップ「VC-700」を取り付けました。

「α807si」+「VC-700」
IMG_0674.JPG

良い雰囲気です。
縦位置コントロールグリップ「VC-700」はカメラ本体に電源を供給しています。
カメラ側のシャッターボタンでレンズのピント調整やシャッターが切れます。
ところが、「VC-700」側のシャッターボタンを押しても何の反応もない。
たまにファインダー内にLEDが表示されますが、次の一瞬には表示が消えてしまいます。
今度は「VC-700」が不良品のようです。
電源は供給してくれるし、カメラ本体側のシャッターボタンは機能するので、このまま我慢するか。
それとも、良品の「VC-700」を探すか。
「α807si」では苦労が続きます。
ところが・・・
(次回 「接点を疑え!」 に続く。)

ポジションランプ、ライセンスランプの交換(ティーダ) [自動車]

「ポジションランプライセンスランプの交換(ティーダ)」

愛車の日産ティーダのポジションランプとライセンスランプをLEDに交換することにしました。
今回使用するLEDは「孫市屋」の「T10-ハイパワ-1.5W+3LED-白(LBH4-W)」です。

61892128.jpg
http://mago1shop.com/?pid=61892128

まずは、ポジションランプの交換です。
私のティーダのヘッドライトは純正HIDです。
夜間にヘッドライトを点灯すると、ロービームのHIDは純白色、ポジションランプは電球色ということで、色味は実にアンバランスなものでした。
運転中は自分からは見えない部分なので、長らくそのままにしていましたが、今回、ようやく交換することにしました。
ポジションランプはソケットごと半時計方向に少し回して取り外すのですが、ソケットの取り付けが固くて手では回しにくかったため、プライヤーでソケットを掴んで回すと簡単に外せました。
また、運転席側はエンジンルーム内のスペースに余裕があるため容易に交換できるのですが、助手席側はスペースに余裕がありません。
結局、グリルを外して交換することにしました。
作業時間は約20分程度です。

IMG_0699.JPG
IMG_0698.JPG
(ポジションランプのみ)
IMG_0700.JPG
(ポジションランプ+HID)

ポジションランプとHIDの色味が揃ったことで、これまでよりもかなり見映えが良くなりました。
もっと早く交換すべきでした。
以前に取り付けたグリル内のLEDテープもお洒落です。

次はライセンスランプです。
ライセンスランプの右側の爪を押しながらカバーごと取り外します。
ソケットを捻ってカバーから取り外し、電球をLEDに交換し、あとは元通りに取り付けます。
作業時間は5分程度です。

IMG_0695.JPG
IMG_0697.JPG

ライセンスランプは1灯ですが、配光は良い感じです。
これで、ウインカー、テールランプ、ハイビーム等を除いて、夜間に点灯する灯火類は概ねLEDに交換しました。
やはり、電球色よりも純白色の光のほうが格好良いですね。
次はフォグランプとトランクルームの電球をLEDに交換したいのですが、ブルーにするか、ホワイトにするか、かなり悩んでいます。

健康診断('17)の結果 [ダイエット]

健康診断('17)の結果」

昨日の午後、健康診断を受けました。
朝の体重は62.0kgでした。
IMG_070602.JPG

健康診断では着衣のまま測定し、着衣相当分の重さを引くので、あまり正確ではありませんが、結果は61.5kgでした。
初の61kg台です。
身長は昨年から0.5cm短くなり、175cmでした。
毎年、身長が低くなっているのが、どうにも納得できません。
身長計が狂っているとしか思えません。
身長175cm、体重61.5kgなので、BMIは20.08です。
BMIももう少しで20を切りそうです。
腹囲は昨年度と同じく73.2cmでした。
身長以外は大満足の結果でした。

そして、今朝の体重です。
IMG_0679.JPG

かろうじて、61kg台をキープしています。(笑)

健康診断日の朝 [ダイエット]

健康診断日の朝」

5月末の体重は63.9kgでした。
なんとか63kg台に戻すことができました。
http://nash-bridges.blog.so-net.ne.jp/2017-05-31

その後、特に意識はしていませんでしたが、少しずつ体重が減り続けています。

6月25日・朝
IMG_0625.JPG

6月26日・朝
IMG_062601.JPG

6月30日・朝
IMG_0630.JPG

コンスタントに62kg台を維持しています。
今日、7月7日は会社の健康診断です。

今朝の体重は・・・
IMG_070602.JPG

62.0kgです。
これまでの健康診断の中で最も良い測定結果になりそうです。
前の10件 | -
2017年06月|2017年07月 |- ブログトップ
メッセージを送る