So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

銀塩の一眼レフの10機目は? [カメラ・写真]

「銀塩の一眼レフの10機目は?」

IMG_1004.JPG
ニコン 「F2 (photomic)」
IMG_1003.JPG
ニコン 「F3hp」 + 「MD-4」 + 「MK-1」
IMG_1005.JPG
ニコン 「F4S」 (「F4」 + 「MB-21」)
IMG_1007.JPG
ニコン 「F5」
IMG_1009.JPG
ニコン 「F6」 + 「MB-40」
IMG_1010.JPG
ミノルタ 「α-7000」
IMG_1013.JPG
ミノルタ 「α7xi」
IMG_1011.JPG
ミノルタ 「α807si」 + 「VC-700」
IMG_1012.JPG
ミノルタ 「α-7」 + 「VC-7」

集めた銀塩(フイルム)の一眼レフは全9機
全機ともコンディションは良好
それでも、ミノルタのαシリーズはまともな個体に巡り会えず、良品を手に入れるのに苦労の連続
やはり銀塩の一眼レフは機械式に限ると改めて痛感しました。

ジウジアーロがデザインしたニコンの「F3」、「F4」
ハンスムートがデザインしたミノルタの「α-7xi」
時代を代表する二人の作品を見比べてみるのも面白い。

最近届いたばかりのニコンの「F2」にモードラを付けるのも時間の問題かな。
モンスターのように大きい「F3」みたいに。(笑)

コレクションの最期を飾る10機目はニコンの初代「F」か、それともドイツが世界に誇るあれか、オリンパスの「OM-4」あたりも気になる。
目下思案中です。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント