So-net無料ブログ作成
検索選択

洗車スタイル [自動車]

「洗車スタイル

自分の車は自分で洗車をしないと気が済まないタイプです。
ガソリンスタンド等に任せるのは好きではありません。
それに、自分で洗車をすると車のちょっとした変化に気付きやすいものです。
(他車のドア等が当たったわずかな傷や凹み等)
洗車歴は30年を超えました。
自分でも言うのも何ですが、洗車には絶対の自信があります。(笑)
誰でも自分流の洗車スタイルがあるかと思いますが、今回は私流の洗車スタイルを紹介します。

それほどまめに洗車はしません。
車の汚れ具合を見て判断します。
概ね2、3週間に1回程度といったところでしょうか。
愛車2台を続けて洗車することが多いです。
ただ、最近は歳のせいか、2台目の作業中に腕が筋肉痛になったりします。
困ったものです。(笑)

その日の天候や風の強さ、翌日以降の天気予報等の情報から、洗車に向いた日かどうかを総合的に判断します。
駐車場の洗車をするスペースが日陰になったら、作業開始です。
車に日が当たる中で作業をすると、洗車中に水分やシャンプーが乾いてしまい、塗装面によくありません。

まず、車全体に水を掛け、汚れを水に馴染ませます。
シャンプーを泡立て、ルーフ、ボンネット、トランク、両サイドといった感じで、上から下に向かって順にスポンジで汚れを落とします。
ホイール、ナンバープレート等の汚れがひどい部分を先に洗うという方法もあるようですが、ボディと同じスポンジを使うので汚れがひどい部分は最後にしています。
スポンジで一通り汚れを落としたら、水を満遍なく掛けて洗剤を完全に流します。

次は拭き取りです。
セーム革あるいは人工セーム等を使用して水気を完全に拭き取ります。
私の場合、洗車の度にコーティングをしているので、拭き取りは非常に楽です。

水気を完全に拭き取ったら、次はワックス掛けあるいはコーティングです。
以前はシュアラスターの固形ワックスを使用していましたが、この数年はシュアラスターのゼロウォーターあるいはゼロドロップ等のコーティング剤を使用しています。
コーティング剤をスプレーし、タオルで拭き取るだけなので、作業時間がかなり短縮できます。
肝心なのは車の水気を拭き取ってからコーティングすることです。
ボディの水気を拭き取らなくても作業可と使用方法に書かれていたりしますが、水気が残っているとかえって作業性が悪いため、完全に水気を拭き取ってから作業しています。
また、水気が残っていると、コーティングの効果も薄れるような感じがします。
ボディと一緒にウインドウもコーティングしてしまいます。
本当はウインドウ専用のコーティング剤を使うのがベストなのでしょうが、シュアラスターのコーティング剤に関しては今のところ支障がありません。

コーティングが終わったら、ボンネット、ドア、トランク、フュエルリッドを全て開け、レールや内側の水気を使い古しのタオルで拭き取ります。
フロントグリル付近やボディとバンパーの隙間などの水が溜まりやすい部分も使い古しのタオルやペーパータオル等を差し込んで水気を拭き取ります。
ドア、トランクなどは内部にも水が入り込んでいるので、しばらく開けたままにして水気を抜きます。
その間にホイールとタイヤを磨きます。

ホイールは汚れ落としやコーティング等の効果を謳っている使い捨ての拭き取りシートを使っています。
拭き取りシートは効果はそれほど高くはありませんが、ホイールナット付近やピアスボルト等の凹凸部分の作業が楽です。
タイヤは以前は固形のタイヤワックスをサイドウォールに塗っていましたが、最近はシュアラスター等の乳液状のタイヤワックスを使っています。
耐久性は固形ワックスよりは落ちますが、洗車の度に使用しているのでそれほど気になりません。
それに最近の乳液状のワックスは以前よりも耐久性が向上しています。
肝心なのはタイヤのサイドウォールの水気をペーパータオル等で完全に拭き取ることと、車をタイヤ半周分移動させてサイドウォール全体に満遍なくワックスを塗り込むことです。
ボディに比べるとホイールやタイヤは疎かにされがちですが、ホイールやタイヤが綺麗だと車全体が引き締まって見えます。
ある意味、ボディよりもホイールやタイヤの手入れのほうが肝心かもしれません。
また、タイヤの手入れをしているとタイヤの空気圧や摩耗等の状況がよく分かります。
タイヤは安全性に直結する部分です。
車検で業者から指摘されて初めて溝が残っていないのが分かったということではあまりにも悲しすぎます。

最後に車を前後に数回小刻みに移動させ、ドアミラー付近やボディとバンパーとの隙間から出てきた水気を拭き取ります。
ここまでの所要時間はティーダで1時間、スカイラインで1時間半といったところでしょうか。
汚れた車(=手入れの行き届いていない車)で安全な車、速い車などありません。
綺麗になった愛車2台を眺めて満足したら作業終了です。(笑)

16996444_1256373334458593_3139690677292820458_n.jpg





シュアラスター ウォッシングスポンジ [キズ防止 2層構造] SurLuster S-70

シュアラスター ウォッシングスポンジ [キズ防止 2層構造] SurLuster S-70

  • 出版社/メーカー: Surluster(シュアラスター)
  • メディア: Automotive



シュアラスター 水滴拭き取りクロス [拭き取り用 高吸水 高排水] SurLuster S-42

シュアラスター 水滴拭き取りクロス [拭き取り用 高吸水 高排水] SurLuster S-42

  • 出版社/メーカー: Surluster(シュアラスター)
  • メディア: Automotive









シュアラスター タイヤケア [水性 黒味] タイヤワックス SurLuster S-67

シュアラスター タイヤケア [水性 黒味] タイヤワックス SurLuster S-67

  • 出版社/メーカー: Surluster(シュアラスター)
  • メディア: Automotive


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る