So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
前の5件 | -

フォード XB ファルコン チューンド・バージョン 「ブラック・インターセプター」 [ホビー(ダイキャストカー)]

フォード XB ファルコン チューンド・バージョン 「ブラック・インターセプター」

A2.jpg

久々にホビー関係のブログです。
最近は購入する機会が減ってきましたが、時折、フィギュア等のホビー関係のアイテムも購入しています。
以前から予約していた「AUTOart (オートアート)」の1/18スケールのモデルカーが届きました。
フォード XB ファルコン チューンド・バージョン 「ブラック・インターセプター」 です。

IMG_2051.JPG

外箱はブラインド式です。
未開封ですが、中には下の画像のモデルカーが入っているはずです。(多分)

A2.jpg
B2.jpg
C2.jpg
D2.jpg
E2.jpg

版権の関係でしょうか?
要するに、映画「MAD MAX」の1作目に登場した「インターセプター」のモデルカーですね。
2作目に登場した「インターセプター」は以前から各社が製品化していましたが、1作目の製品化は今回が初めてです。
待望のモデル化ということで、メーカー、ショップともに完売のようです。
私の場合、ホビー関係は未開封を貫くので、生きている間にお目に掛かることはないでしょう。(笑)
このブログの画像を穴が開くほど眺めることにします。
再販されたら、観賞用としてもう1台購入しようかな。(笑)

今後の1/18スケールのモデルカーの購入予定は次の1台です。

21751532_849138658583570_1616197043783458927_n.jpg
・イグニッションモデル製「Nissan Skyline 2000 Turbo GT-ES (C211) Black (1/18 scale)」

俗に言う、スカイラインジャパンのターボモデル(後期)ですね。
来年1月にイグニッションモデルから発売予定で、既に予約済みです。
イグニッションモデルは他社が製品化しない車種をラインアップしており、歴代のスカイラインを集めている者にとっては非常に助かります。
難点を言えば、ノーマル仕様がなく、ライトチューン仕様しかないこと。
純粋にスカイラインの歴代モデルを集めている者としてはノーマル仕様をラインアップに加えてほしいところです。
ジャパンが揃えば、残るは初代(ALSI)、2代(S54)、4代(C110)の3台です。
(直6を捨てた11代(V35)以降のスカイラインはあまり関心がありません。)
初代(スカイラインスポーツ)の製品化は難しいとして、サーキットで「羊の皮を被った狼」と呼ばれた2代目の「S54GT-B」は是非製品化してほしいですね。
また、各社とも在庫切れが多い4代目のケンメリGT-R(KPGC110)も再販してほしいですね。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

A&G 「スタック リング」(5個目) [シルバーアクセサリー]

A&G 「スタック リング」(5個目)

A&Gのリング「スタックリング」を購入しました。
これで5個目です。(笑)
楽天市場のあるショップの値引クーポンの期限が近かったので、クーポンを利用しようと思い、そのショップの中で最も安い商品を探していたところ、A&Gのスタックリングが最も安かったのです。

IMG_2005.JPG

幾何学模様の非常にオーソドックスなデザインです。
飽きの来ないデザインでどんな方にもお勧めできます。
息の長い製品で、これまでにリングの厚み等、何度か仕様変更がされています。

IMG_2007.JPG

サイズは20号です。
私の場合、左手の人差し指、中指、薬指、右手の薬指あたりまで幅広く嵌めることができます。

IMG_2008.JPG

5個のスタックリング
15号から21号までサイズは様々です。
リングサイズや製造時期により表面のデザインや裏側の刻印が微妙に異なります。
お気に入りのデザインとはいえ、もうこれ以上増えることはないでしょう。(笑)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エンジンルームのLEDイルミネーション [自動車]

「エンジンルームのLEDイルミネーション」

暇さえあれば、愛車のカスタムのことばかり考えています。
パワーやスピードには概ね満足しているので、最近は専らLEDやオーディオのカスタムが中心です。
様々なアイデアを考え、それに必要なパーツや配線図を頭の中で描いています。

今回は愛車のエンジンルーム内をボンネット裏のLEDテープで照らすことを考えました。
早速、必要な部品を揃えて実行です。
今回使用するパーツは次のとおりです。
ホームセンター等であれば3千円程度で揃えることができると思います。

エーモン トップビューテープLED 青・30cm(2703)
エーモン トグルスイッチ ON-OFF DC12V・20A 防滴キャップ付(1213)
エーモン スイッチパネル 1穴 穴径12φ(1232)
エーモン ヒューズホルダー 10A(MAX)(Y74)
エーモン 管ヒューズ 10A 2本入(1256)
エーモン 配線コード AV0.5sq 5m 黒(E536)
エーモン 接続コネクター 4セット(8個入)(2824)
その他  端子類(平型端子(メス)、ギボシ端子(オス・メス)、丸型端子、クワ型端子)

作業手順は次のとおりです。

IMG_2023.JPG
IMG_2024.JPG
ボンネットを持ち上げ、真下のエンジンルームを照らせるような位置にLEDテープを貼り付けます。
LEDテープのプラス及びマイナスの配線(0.2sq)はそれぞれ1mの長さしかないため、配線コード(0.5sq)を2mでカットしたものを2本用意し、接続コネクターを使ってプラス及びマイナスの配線をそれぞれ延長します。
※延長する配線は細線(0.2sq)ではなく、0.5sqの太さの配線を使用します。細線(0.2sq)には端子類の取り付けができないことと、配線の太さが0.2sqから0.5sqまでは同じ種類の接続コネクターで対応できることが理由です。

IMG_2025.JPG
IMG_2026.JPG
延長した配線はボンネット裏のカバーの間を通し、運転席側のヒンジ部分にタイラップで軽く止め、フェンダー上部(裏側)を通してバッテリー付近まで届かせます。
配線は長めにしているので、余裕分の配線はボンネット裏のサービスホールに入れ、表に出ている配線の長さを調整します。

IMG_2022.JPG
LEDテープのプラス側の配線にギボシ端子(メス)を取り付け、スイッチの一方のギボシ端子(オス)に接続します。
ヒューズホルダーの一方の配線にギボシ端子(メス)を取り付け、スイッチの残りのギボシ端子(オス)に接続します。
ヒューズホルダーには10Aの管ヒューズを入れます。
ヒューズホルダーの残りの配線に丸型端子を取り付け、バッテリーのプラス端子と接続します。
スイッチはヒューズボックス脇にスイッチパネルと組み合わせて両面テープで固定しました。
この後のマイナス配線の接続のことを考え、念のため、スイッチは「切」の位置にしておきます。

IMG_2027.JPG
LEDテープのマイナス配線にクワ型端子を取り付け、バッテリーのマイナス端子に接続します。
(ボディアースでも結構です。)
これで作業は全て終了です。

IMG_2028.JPG
スイッチを「入」にするとLEDテープが発光しました。
完成です。

IMG_2042.JPG
参考までに配線図を掲載します。

IMG_2034.JPG
IMG_2035.JPG
夜間にあらためて撮影しました。
作業ができるような明るさではありませんが、イルミネーションということであれば十分な明るさです。
最初は長さ60cmのLEDテープを考えていましたが、30cmでも十分な明るさです。
エンジンルーム内のスイッチで簡単にオン・オフできるのがいいですね。
もうしばらくしたら、次は中途半端なドアポケットの間接照明を仕上げる予定です。
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サブウーファーにワンポイント追加 [自動車]

「サブウーファーにワンポイント追加」

性格上、結構、細かなところにまで拘ったりします。
スーツやシャツ、靴などのデザインやシルエット、シルバーアクセサリーのブランド等、数え上げたら限(き)りがありません。
コレクションしているものでシリーズや限定品があったりすると、それらの全てを集めないと心が落ち着きません。
ある意味、一種の病気ですね。

IMG_1960.JPG

先日、愛車のトランクに設置したボーズのサブウーファーです。
床に接している目に見えない部分には「BOSE」等の表示があるのですが、それ以外の目に見える部分には「BOSE」の表示は一切ありません。
見るからに単なる大きな黒い箱です。
こうなると気になって仕方がありません。
自分の中ではこの状態は「画竜点睛を欠く」といったところです。

IMG_1995.JPG

このサブウーファーボックスに「BOSE」のステッカーかエンブレムを貼ることにしました。
シールはサイズが大きいものしか売られていなかったので、小さめのエンブレムをインターネットオークションで購入しました。
長さ5cm程度の小さなエンブレムが4枚セットで約1千円。
結構な値段ですが、よく売れているみたいです。

IMG_1996.JPG
IMG_1997.JPG

さて、サブウーファーボックスのどこに貼るか?
天面の一番手前に貼ることだけは決めています。
普通だったら右端に寄せるのが定石ですが、コード類が邪魔になるので、あえて左端に寄せて遊んでみるか?
色々考えた結果、中央に貼ることにしました。

IMG_1999.JPG

中央に貼ることは直前まで頭にありませんでしたが、良い感じに仕上がりました。
小さなエンブレムですが、メッキ仕上げなので、結構、インパクトがあります。
「画竜点睛」といったところでしょうか。
小さなエンブレムを1枚貼っただけのことですが、心のもやもやが晴れました。
大抵の週末はこんなことばかりしています。(笑)
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

運転免許証の更新 [自動車]

「運転免許証の更新」

13日の金曜日
仕事を休み、免許センターで運転免許証を更新することにしました。
かれこれ二十年以上、無事故・無違反の優良(?)ドライバーなので、5年振りの更新です。
誕生日は1ヶ月近く先なのですが、今回は早めに更新することにします。
何故かというと、現在の運転免許証はダイエットを開始する直前に更新したので、免許証の写真はかなり太っているためです。
当時と現在とでは体重が30kg程度違うし、そのせいか現在の私よりも10歳以上老けて見えます。
宅配の荷物を営業所に受け取りに行ったり、銀行等との取り引きの際に身分証明として運転免許証を提示したりすることがありますが、たいていの方は写真と実物の私を何度も見比べます。
中には「ご本人様ですか?」と確認される方もいます。(笑)
こういったやり取りが面倒なので、早めに更新することにしたのです。

IMG_2013.JPG

朝7時45分に免許センターに到着。
受付は8時30分からですが、建物の入口ドア前には既に数名の列ができています。
列に並んで待っていると、8時に開場となりセンター内に入ることができました。
特に急いでいたわけではありませんが、更新用の受付の列では一番先頭になりました。
受付開始を待つ間、ガラス越しに見える遠くの風景を眺めながら視力のチェックをしたりしていました。
左目の視力は1.0以上ありますが、右目の視力は0.1程度しかないので、この二十年くらいは更新の度に「眼鏡使用」の条件が付されています。
左目が右目をカバーしているのか、両目で見る分には遠くまではっきりと見えるのですが、左右それぞれで測定されるので、こればかりは仕方がありません。

受付が始まり、申請書等に必要事項を記入したら次は視力測定です。
最初に裸眼での測定ですが、右目を細めてみたりすると、若干ですが、見え方が良くなったりすることがあります。
右目を細めてみると・・・
何とか かろうじて見えます。
受付開始を待っている間、遠くの風景を見続けていたのが目に良かったのかもしれません。
裸眼で視力測定をパスすることができました。
これで眼鏡を持ち歩く煩わしさから解放されます。

IMG_2012.JPG

その後、免許証用の写真撮影、約30分の優良運転者講習を経て、いよいよ新しい免許証の交付です。
新しい免許証に写っている私はかなり痩せていますが、これまでよりは若く見えます。
初めて運転免許証の写真に満足することができました。(笑)
免許証の条件欄の眼鏡使用の表示も消されています。
そして、交付番号を見てみると・・・

IMG_2021.JPG

「50001」
今日交付された1番目の免許証です。(笑)
頭の「5」はおそらく5種類ある講習区分のうち、優良運転者講習を表しているのだと思います。
講習時間が最も短い優良運転者講習が一番早く終わるので、今日、一番早く交付された免許証に間違いありません。

更新手続きが煩わしい運転免許証ですが、今回だけは非常に満足できる更新となりました。
次は5年後ですが、次回も交付番号1番を目指します。(笑)
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -